NESTAL RADIO紹介曲

韓国で生まれたニュートロ(Newtro)とは

2 min 588 views
Newtro

ニュートロ(Newtro)とは

ニュートロNewtro)とは、「現在や未来(New)」と「過去(Retro)」を融合させた「新しい過去」を意味する韓国の新造語。
ニュートロは韓国で大きなトレンドになり、2018年から2019年にかけてファッション、インテリア、グラフィック、ゲーム、カフェ、旅行など韓国カルチャーの幅広い分野に浸透して、ビンテージスタイルのリバイバル・ブームが巻き起こっていて今のK-POPに欠かせないアートワークの1つになっています。
人気韓国ドラマ「愛の不時着」でもセリが北朝鮮のレトロなライフスタイルをみて「これはニュートロね」とよく言っていました。

韓国で生まれたニュートロブーム

ニュートロは音楽だけでなくファッション、インテリア、グラフィック、ゲーム、カフェ、メイク、旅行など韓国カルチャーの幅広い分野に浸透して、ビンテージスタイルのリバイバル・ブームが巻き起こりました。
そして韓国の若い人々は古い村や歴史的な都市部を訪れて本物のビンテージ体験を再現しようとしました。

それと同時に、懐かしの歌謡曲や韓国産AORを再発掘する流れも徐々に広がりました。そして、ミレニアル世代のアーティストたちに発見された過去の音楽たちが、カバー曲として、あるいは再構築された新曲として、K-POP市場にニュートロソングとして再登場するようになりました。

ニュートロブームの中、韓国では過去の韓国産シティポップが再び注目され始めたり、ニュートロという新概念のもとシティポップが現代に再解釈されたりしています。

ニュートロ系K-POPの走りといえば、2017年にIUが発表した「Last Night Story(昨夜の話)」と言われています。当時はまだNewtroという言葉は誕生していなかったのですが、「1993年生まれのIUによる、1987年の男性アイドルグループ楽曲の、レトロ調な再解釈カバー」という点で、ニュートロ的な曲と言われています。

IU(아이유) _ 어젯밤 이야기 : Last night story

「Last Night Story(昨夜の話)」は、日本では「オジャパメン」というタイトルで、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)で知名度を上げた曲です。
元々は消防車(ソバンチャ)という男性アイドルグループの楽曲です。消防車は韓国初の男性アイドルグループとも言われており、当時は女学生を中心に人気がありました。

そしてDIAが2019年にリリースしたアルバムのタイトルはモロ「Newtro」。
80年-90年代にインスパイアされたスタイリングやファッションが取り入れられました。

Newtro

アイドル系女性シンガーの楽曲にもニュートロ系ソングはあります。
楽曲だけでなくミュージックビデオにもニュートロ的要素が存分に含まれているものもあります。
Wonder Girls出身メンバー・ユビンのソロデビュー曲「淑女」は、ディスコ風の曲をバックに、セル画アニメ風の映像や古い車、サイバーパンク風の町並みなど、Future Funkの影響を存分に受けたニュートロなMVになっていました。

このニュートロブームがいつまで続くかわかりませんが2020年はまだまだレトロビンテージなニュートロの影響を受けた作品やサービスが出てきそうなので楽しみです。

banno

banno

Photographer

国内外のパーティーやイベント撮影をしている名古屋のカメラマン。
K-POPフェスNESTALオフィシャルカメラマン。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事