NESTAL RADIO紹介曲

ソテジワアイドゥル(Seo Taiji and Boys)「I Know」(1992年)は、韓国音楽界の流れを変えた名曲

2 min 1,472 views
Seo Taiji and Boys

ソテジワアイドゥル(Seo Taiji and Boys、서태지와 아이들、ソテジと仲間たち)

「K-POPの興隆」シーズン 1 • エピソード 1「K-POPの誕生」でも韓国大衆音楽はソテジワアイドゥル前とソテジワアイドゥル後で大きく変わったと紹介されたソテジワアイドゥル(Seo Taiji and Boys、서태지와 아이들)。ソテジワアイドゥルは、当時の韓国音楽界の流れを変え、現在のK-POPへ繋がる重要な役割を果たしたグループと言われています。

ソテジワアイドゥルは、MBCのタレントショー「特ダネ! TV芸能」出演し「I Know(난 알아요)」を披露しましたがが「リズムは良いがメロディラインが弱い」、「歌詞の内容が陳腐である」と審査員に評価されずに番組最低記録の7.8点という最低点でした。
しかし10代、20代の感性を知らない審査員の評価とは裏腹にその翌日からソテジワアイドゥルの「I Know(난 알아요)」は若者たちを中心に大人気になりました。
歌、ラップ、ダンスがありR&B、HIP HOP、ロックをミックスしたソテジワアイドゥルは、韓国で一大ブームとなりました。

ソテジワアイドゥル(Seo Taiji and Boys、서태지와 아이들)「I Know(난 알아요)」

作詞作曲:ソテジ(서태지)

「I Know(난 알아요)」の作詞、作曲、プロデュース、演奏、アレンジはすべてソテジ。ソテジは、「文化大統領」の異名をとり、金大中は「社会的な意味を持った音楽家」と評価し、単に音楽だけでなく90年代以降の韓国社会に大きな影響を与えた人物です。
https://www.seotaiji.com/
ソテジワアイドゥルは、デビューと同時に歌謡授賞式で新人賞と大賞を獲得。「I Know(난 알아요)」は、非公式チャートで17週間1位をし、地上波でも10週間以上1位を記録しました。
ソテジワアイドゥルがリリースした4枚のアルバムは全て韓国大衆音楽100大名盤に選ばれています。

KPOPを語るのには絶対欠かせない人物の一人が「문화대통령文化大統領」の異名をとるソテジワアイドゥルのリーダーソ・テジです。
ソ・テジは、韓国音楽に初めてラップとダンスを取り入れ、現在のK-POPの基盤を築いた一人者です。

ソテジ
ソテジ
  • ソ・テジ(서태지)
  • 1972年2月21日生まれ
  • 本名:チョン・ヒョンチョル。
  • 別名:대장님大将様、문화대통령文化大統領
  • 高校を中退後、1989年 ロックバンド、シナウィのベーシストとして活動した後、1992年 イ・ジュノ、ヤン・ヒョンソクと共に3人組ダンスグループ、「ソテジワアイドゥル」のリーダーとして芸能界に本格的にデビューし、4年間の活動で4枚の正規アルバム等をリリースし4枚のアルバムは全て韓国大衆音楽100大名盤に選ばれています。

ソテジワアイドゥル(Seo Taiji and Boys、서태지와 아이들)は、ソテジと仲間たちとも言われていてメンバーは、ソ・テジ、イ・ジュノ、ヤン・ヒョンソクの3人。
ヤン・ヒョンソクは後にYGエンターテインメントを起ち上げ創業者となりました。

数々の韓国の社会現象を作ったソテジワアイドゥル

ソテジワアイドゥルはドレッドヘアやカラーヘアー、スクールルックファッション、ヒップホップファッション、スカートファッションを流行させたり、歌詞では社会問題を取り入れ、BTSもカバーしたソテジワアイドゥルの「Come back homeカムバックホーム)」(1995年)を聞いて家出少女、家出少年たちが家に帰ったというエピソードもあるくらい韓国の若者たちに支持され社会に影響を与えました。
他にも韓国歌謡界の「アンチ」という単語は「ソテジ・アンチ」から始まったとか、ソテジがカムバックすると評論家もカムバックするなど様々な社会現象を起こしたエピソードがあります。
南北統一への渇望を歌った、「渤海を夢見て(발해를 꿈꾸며)」は、大きな話題となって当時の韓国の若者たちが南北統一に関心を向ける大きなきっかけとなりました。

banno

banno

Photographer

国内外のパーティーやイベント撮影をしている名古屋のカメラマン。
K-POPフェスNESTALオフィシャルカメラマン。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事