NESTAL RADIO紹介曲

Super Junior「Sorry Sorry」の振付師NICK BASS(ニック・バス)

1 min 190 views
NICK BASS

振付師(コレオグラファー)・ダンサー NICK BASS(ニック・バス)

NICK BASS(ニック・バス)は、Super Junior「Sorry Sorry」、「BONAMANA」、EXO「Grow」、SHINee「Ring Ding Dong」(Misha Gabrielと共作)、BoA「Enegetic」、「I Did It For Love」などの振り付けをした振付師(コレオグラファー)。
特にSuper Junior「Sorry Sorry」の振り付けはK-POPが好きな人なら誰でもできる覚えやすいポイントダンスとしてK-POPの歴史に残っています。
BoAの「Eat You Up」のMVではバックダンサーとして参加。

アメリカでは、ジャスティン・ティンバーレイク、ジャネット・ジャクソン、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラなどの振り付けを担当。
マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」にはダンサーとして参加しています。

NICK BASS(ニック・バス)振り付けのSuper Junior「Sorry Sorry」

YouTubeでNICK BASS(ニック・バス)のダンス動画を見たドンへとウニョクが直接振付師として指名したというSuper Junior「Sorry Sorry」。

Nick Bass(ニック・バス)

NICK BASS(ニック・バス)
NICK BASS(ニック・バス)

Nick Bass(ニック・バス、Nicholas Bass)
ダンサー、振付師
テネシー州ナッシュビル出身
ジャスティン・ティンバーレイク、ジャネット・ジャクソン、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラなどの振り付けを担当。マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」にダンサーとして参加。BoAの「Eat You Up」MVでバックダンサーもつとめた。
Twitter:https://twitter.com/thenickbass

banno

banno

Photographer

国内外のパーティーやイベント撮影をしている名古屋のカメラマン。
K-POPフェスNESTALオフィシャルカメラマン。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事