NESTAL RADIO紹介曲

H.O.T.「Candy」(1996年)

2 min 1,202 views
H.O.T.

H.O.T.「Candy」(1996年)

1996年に解散したソテジ・ワ・アイドゥルと入れ替わるように韓国エンタメ界に現れたのが、男性5人組アイドルグループの「H.O.T. (エイチオーティー)」。

韓国ドラマ「サイコだけど大丈夫」のワンシーンでユ·スンジェ役のパク·ジンジュがK-POPアイドルだとH.O.T.のトニー・アンのファンでトニー・アンの家族の誕生日までお祝いしたとジュリ役のパク・ギュヨンに話してH.O.T.ファンなら、何歳なの?と年齢を疑われるというシーンがありH.O.T.のファンだった人はうかつにH.O.T.のファンと言うと年齢がバレてしまうかもとドキッとしたシーンがありました。

H.O.T. (エイチオーティー)は、韓国の最大手芸能事務所SMエンターテイメントからのでデビュー。
当時は“韓国のスマップ”と喩えられ、国民的グループの座に君臨していました。
H.O.T. (エイチオーティー)の名前の由来は、“Hot(イケている)”…からではなく、“High-five Of Teenagers(ハイファイブ・オブ・ティーンエイジャー)”。
「10代の勝利」という意味。
来日しファンミーティングをしたこともあるらしいが、まだ日本には韓国ブームが来ていなかったため、あまり注目されることはなかったらしいですが、中国では人気獲得に成功。
2000年に韓国人アーティストとして初の北京単独公演を成功させ、中国国内の若年層にK-POPを浸透させました。

H.O.T.の「Candy」はかわいい衣装が特徴でファンはH.O.T.になりたい!と思い衣装を買い求めました。
当時ミトンを買った人も多いのでは?
ポストカードやシール、文房具などのグッズも販売し、コンサートではH.O.T.のカラー「白」で埋め尽くされH.O.T.を熱狂的に応援しました。
H.O.T.「Candy」は曲、ダンスに加えファンもムーブメントに参加させる今のK-POPの流れを作りました。

H.O.T.「Candy」

作詞/作&編曲:チャン・ヨンジン
H.O.T.1集『We Hate all Kinds of violence』収録

H.O.T.「Candy」は、SHINeeやSUPER JUNIOR、BIGBANG、PENTAGONなど様々K-POPアイドルにカバーされ歌い継がれました。

banno

banno

Photographer

国内外のパーティーやイベント撮影をしている名古屋のカメラマン。
K-POPフェスNESTALオフィシャルカメラマン。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事