K-POPフェスNESTAL

韓国オルタナティブポップバンドLEENALCHIのFeel the Rhythm of KOREAシリーズと進化するパンソリのお話

3 min 64 views
Feel the Rhythm of KOREA: SEOUL




韓国オルタナティブポップバンドLEENALCHIのFeel the Rhythm of KOREAシリーズと進化するパンソリのお話

Rhythm ofシリーズ

韓国政府観光局(Korea Tourism Organization:KTO)が韓国の観光プロモーション動画を公開しているYouTubeチャンネルImagine your Korea
最近では、大人気のITZYを起用した「Rhythm of」シリーズで「Vibes」「K-beauty」「Taste」「Healing」「Light」とシーン別におしゃれな観光プロモーション動画を公開しています。

Rhythm of Vibes

Feel the Rhythm of KOREAシリーズ

しかし今回紹介するのはこのITZYを起用した「Rhythm of」シリーズではなく7月にアップされたオルタナティブポップバンド「LEENALCHI」とコンテンポラリーダンスグループ「Ambiguous Dance Company」がコラボレーションした観光PRムービー『Feel the Rhythm of KOREA』シリーズです。

この観光PRムービーは、ソウル・釜山・全州の3カ所で撮られたもので韓国伝統音楽に合わせて、観光地を見ることが出来るものです。

どうぞご覧ください。

Feel the Rhythm of KOREA: SEOUL 五感で感じる韓国のリズム: ソウル

LEENALCHI(이날치 イナルチ 수궁가)は、ジャン・ヨンギュを中心にした韓国のオルタナティブポップバンド。
ユニークなのは 、4人のボーカリスト(ソリクン)すべてがパンソリボーカリストであることです。
ベースにはジョン・ジュンヨプ(チャンギハと顔たち 장기하와 얼굴들 Kiha & The Faces)も参加しています。
バンド名LEENALCHIは、パンソリの名唱イ・ナルチ(1820~1892)から取っているそうです。

パンソリ(판소리)

パンソリ(판소리)は、朝鮮の伝統的民俗芸能。 19世紀に朝鮮で人気のあった音楽であり、口承文芸のひとつである。 1人の歌い手(ソリックン 소리꾼)とプク(太鼓)の奏者(鼓手 コス 고수)によって奏でられる物語性のある歌と打楽器の演奏である。

五感で感じる韓国のリズム: 釜山

Ambiguous Dance Companyは、振付家のボラムキムとキョンミンチャンによって2007年に設立されたコンテンポラリーダンスグループです。
Ambiguous Dance Companyは、国内外の様々なダンスコンテストで受賞している芸術的なダンス集団です。

[Catchy Korea] An Instant Addiction? Ambiguous Dance Company [STORY and meet]

五感で感じる韓国のリズム: 全州

どれもクセになる音楽とダンスと映像ですね。
今までの韓国政府観光局のPRムービーとは一味違った感じで面白かったです。
ここで使われている音楽は韓国の伝統音楽パンソリをベースにしたものです。
伝統的なパンソリの解説は他のサイトに任せて進化している韓国の伝統音楽パンソリを紹介します。

進化している韓国の伝統音楽パンソリ

LEENALCHI以外にも韓国の伝統音楽パンソリと新しい感性とのミックスが進んでいます。
またK-POPやK-HIPHOPの曲にもパンソリを取り入れたりパンソリの歌い手を客演に迎えた楽曲もあります。

Agust D ‘대취타’

BTS SUGAのAgust D名義の「대취타 大吹打 Daechwita」では、国楽の中で王が出てくる時や軍隊の行進で使われた曲「대취타 大吹打」をサンプリングして作った曲で、パンソリやクェングァリ(꽹과리 、鉦)などの韓国伝統楽器のサウンドを使っています。
BTSの「IDOL」でもパンソリのチュイムセという合いの手のような掛け声を楽曲の中で使用していると言われています。

MC MONG MC몽 ‘인기 FAME (feat. 송가인 , 챈슬러)’

後半部分でパンソリの歌い手ソン・ガインの歌声が聴けます。

추다혜차지스 CHUDAHYE CHAGIS – Ritual Dance | Senggi Session

CHUDAHYE CHAGISは、次に紹介するSsing Ssingのボーカルの一人で、書道民謡の歌い手、チュダヒェのプロジェクト。
パンソリの起源言われる巫俗音楽とブラックミュージックのファンクのリズムを融合させたポンクッ(Funk+巫俗音楽披露される儀式=クッ)というスタイルを提唱している。
バックミュージシャンも韓国大衆音楽賞で「今年のミュージシャン」に選ばれたサックスプレイヤー、キム・オキやWindy Cityのドラムのキム・ダビンな実力派のメンバーが集まっています。

SsingSsing: NPR Music Tiny Desk Concert

Ssing Ssingは、LEENALCHIのジャン・ヨンギュがパンソリの歌い手、イ・ヒミンらと2017年に結成した6人組バンド。
Spotifyに一枚のEPを残して解散。

まとめ

今回は韓国オルタナティブポップバンドLEENALCHIのFeel the Rhythm of KOREAシリーズと進化するパンソリのお話を紹介しました。
Newtroブームで新旧の文化や音楽がミックスされ新しいカルチャーが生まれている韓国の面白さがお伝えできていればうれしいです。



banno

banno

Photographer

国内外のパーティーやイベント撮影をしている名古屋のカメラマン。
K-POPフェスNESTALオフィシャルカメラマン。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

Mカウントダウンの視聴方法を徹底解説

mcountdown

韓国の音楽番組「M COUNTDOWN(エムカウントダウン)」がスマホで、 マルチアングルで見れる事になりました!
マルチアングルの説明から視聴方法や実際に体験した感想をLVKMライターが解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。