K-POPペン活動に欠かせないハンディファンに?

1 min 133 views


ヨロブン! アニョハセヨ!! JUNKです。
既に夏の陽気の日本列島。 この時期になると手にハンディファンを持って歩くヨジャをたくさん見かけるようになります。 涼しい反面、 手がふさがってしまうというデメリットも。 荷物が多くて落として壊してしまったという経験をされた方もいるのでは? ライブ会場などではグッズを買ったりなどもしますので、 とにかく手荷物は最小限にしたい! そんな時に活躍するハンディファンをご紹介します。

K-POPペン活動に欠かせないハンディファンに?
Via : エレコムオフィシャルHP

そう!首から下げるハンディファン。 過去にも首から下げられるものはいくつかありましたが、 こちらは大きさがコンパクトで、 更に可愛い!! もちろん充電はUSB!
外見は小さなポーチのようで、 重さはたったの122グラム! 首への負担もありませんね。 側面の隙間から風を取り込み、上部に向かって送風。 強さは3段階。 う~~ん!わかってるぅ~~!

K-POPペン活動に欠かせないハンディファンに?
Via : エレコムオフィシャルHP

置くこともできますので、 カフェなどでも使えちゃうのもオススメ。 フル充電で約1~3.5時間の使用が可能とのこと。 お~~! こりゃライブの待ち時間も助かりますね !

K-POPペン活動に欠かせないハンディファンに?
Via : エレコムオフィシャルHP

現在発売中です。 気になるお値段は・・・? 2400円!! ちょっと高いか? でも手が解放されて、見た目も可愛いからアリかも。 チングへのバースデープレントとしてもちょうどいい価格ですね。 ちなみにAmazonで買える模様。
こちらで売っています

今年のペン活動は手ぶらで気楽に楽しんでみてはいかがでしょう?
そんなJUNK的オススメのアイテムでした!

DJ JUNK

DJ JUNK

便利なものが次々と出るな~~



DJ JUNK

DJ JUNK

Producer / DJ

ネスタルのプロデューサー兼DJ。 K-POPサウンドをクラブシーンに落とし込んだ第一人者。
幼少期よりYAMAHAにてエレクトーンをはじめ、 中学生でグレード5級を取得。 その後18歳でコンポーザー、 DJとしてのキャリアをスタートさせる。 2001年にはDREAMS COME TRUEの全国ツアーのオープニングアクトとして出演、 2012年にはMINISTRY OF SOUNDのJAPANオフィシャルDJを務めるなど、 幅広い音楽ジャンルで活動している。また、 MURUAなどのファッションブランドのフラッグショップのBGM、 ファッションショーの音楽制作なども手掛け、 音楽とファッションをクロスオーバーした制作活動にも力を入れている。
K-POPフェス「ネスタル」は2012年よりスタート。 わずか2年足らずで国内最大のK-POP DJイベントに成長させ、 現在はアジアを中心に世界中のK-POPファンとコミュニティーを作るワールドプロジェクト「Lovin' K Project」を展開中。 2019年にはFM AICHIにてK-POP専門ラジオプログラム「NESTAL RADIO」も立ち上げ、 ラジオDJとしてもK-POPと韓国カルチャーを発信している。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。